ファッションを諦めない

バッグをレンタルしてファッションを楽しむ方法

賠償責任問題

保険には入っておこう

レンタルする際に必ずキズ等の保険があるのでそれに入っておきましょう。
何もないようでしたら、直接会社に問い合わせてください。
普通に使っているだけでも、キズなどは付いてしまうものですので、もしもの時のためというよりも必ず必要なものとして保険には入っておいたほうがいいでしょう。
他にも、高級バッグですと盗難などの危険性もあります。
そういったことに対応した保険があればいいのですが、キズ以外はない場合が多いです。
もしも盗難されてしまったら、警察とレンタル会社に速やかに連絡しましょう。
最悪の場合、買取りになってしまうので気を付けましょう。

とにかく、保険がある場合は、入っておいたほうが絶対にいいです。
色々な心配事がありますので、レンタルする前にちゃんとレンタル会社に問い合わせてみてください。

注意しておきたいこと

キズや破損には自分が付けたものでないものもあるかもしれませんので、商品が届いたらまず、状態のチエックをしましょう。
返却後に自分が付けた傷でないのに、自分のせいにされたりしたら面倒ですよね。
そうならないために、届いてすぐと返却前に商品の写真を撮っておくことをお勧めします。
自分が付けたキズなのかの証拠になります。
やはりレンタルですので、多少のキズや汚れはしょうがないところもあります。
ですが、届いた商品の状態があまりにも悪かった場合は、その趣旨を説明して他のものに交換してもらいましょう。

面倒なことに巻き込まれないように、自分でできそうな対策はやっておきましょう。
それから、当たり前のことですが、なるべくきれいに使いましょうね。


この記事をシェアする